大阪・関西のおでかけ情報、百貨店・商業施設、イベントやバーゲン、グルメ情報が満載!

OSAKNSAI.com

おでかけ

加太淡島温泉「ひいなの湯」で日帰りプラン!まったりお風呂とランチを堪能♡

投稿日:2019年5月11日 更新日:

加太淡島温泉「ひいなの湯」で楽しめる温泉とランチ

大阪からわずか90分。
加太淡島温泉「ひいなの湯」では、日帰りプランで、ちょっとした旅気分を味わえます。

ふるさとに帰ってきたような田舎の漁師町のたたずまいを五感のすべてで感じれる場所です。

 

「ひいなの湯」は、淡島神社のすぐ近くにあります。

▽こちらが「ひいなの湯」
ひいなの湯,加太,淡島,外観,

外のテラスがバリ島のようなリゾート風のソファが置かれているのですぐにわかります。

ひいなの湯,加太,淡島,外のテラス,

ひいなの湯,加太,淡島,テラスにバリ風のソファが置かれている,

ひいなの湯,加太,淡島,外のテラス席が見える館内の席,

 

日帰り温泉

「ひいなの湯」で過ごす、ゆったり日帰り小旅行。

温泉と料理を気軽に楽しめる日帰りのプランがあります。

日帰りプランはいろいろあるので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

「ひいなの湯」日帰りプラン

 

ひいなの湯,加太,淡島,,

 

温泉に入るだけというのもあります。

ひいなの湯,加太,淡島温泉利用案内,

友ヶ島汽船で、船待ちの時間が随分ある場合や、友ヶ島の散策の帰りに、こちらでお風呂だけ入るのもいいですね。

ランチやってます みたいに旅館の外に看板を置いています。

ランチだけでも楽しめます。

このランチに、入浴をセットにすることができます。予約は不要で、部屋の用意はありません。
ひいなの湯,加太,淡島,ランチの案内,

今回ご紹介するのは、このランチと温泉のプランです。

では、館内に入ってみましょう。

▽こちらは、ロビーです。

ひいなの湯,館内の様子,ロビー,

すっきりしています。
ひいなの湯,館内の様子,ロビー,

スリッパはなく、素足で入れます。くつろげるのがいいですね。

床の畳はよく見ると、リフォームのテレビ番組などで登場する防水加工の畳です。まめに掃除しているのがうかがえます。

基本は、和のテイストです。
ひいなの湯,館内の様子,玄関の前のしきり,

立派な雛人形がおかれています。
ひいなの湯,館内の様子,数段ある赤地の布が敷かれた土台に雛人形が飾られている様子,加太,淡島,

この旅館の名前は、ひいなの湯ですからね。ひな人形からきているんですね。

お茶屋のような休憩所
ひいなの湯,館内の様子,赤い傘のお茶屋のような休憩所,

女性に嬉しい色浴衣の無料貸し出しサービスも行っています。

なにげないところで、ほっこり癒されます。

たとえばこれ。
ひいなの湯,館内の様子,透明のガラステーブル

あちこちにさりげなくひな人形が置かれてい。

テーブルの足元に、布で包み込まれていて畳が傷まないようにしています。
ひいなの湯,館内の様子,テーブルの足元を、赤い布で包んでいる,

24時間利用頂ける宿泊者専用のフリーラウンジもあります。
ひいなの湯,館内の様子,宿泊客用のラウンジ,加太,淡島,

こちらもすっきりとしていて、きれい。
ひいなの湯,館内の様子,宿泊客用のラウンジ,リゾート風のソファが置かれている,加太,淡島,

木でできたテーブルやソファが素敵ですね。

ドリンクサービスもあり、好きな飲物が飲めるので、ここでゆっくりするのもいいですね。

ひいなの湯,加太,淡島,館内の階段,

温泉のある階へいきます。

ひいなの湯,加太,淡島,休憩所,

照明もおしゃれ。

ひいなの湯,加太,淡島,温泉の休憩所の照明,

窓からは海が見えます。

ひいなの湯,加太,淡島,休憩所,

 

ひいなの温泉

ロッカーとカゴがあります。
ひいなの湯,加太,淡島,ロッカーとカゴが置かれている,

大浴場です。

ひいなの湯,加太,淡島,大浴場,

とろみのある天然温泉で美肌効果が期待できそう。

炭酸水素塩泉のとろみある湯は、美肌効果があるといわれています。

ひいなの湯,加太,淡島,

外に出ると、露店舟風呂があります!
ひいなの湯,加太,淡島,露店舟風呂,

潮風を浴びながら船の形をあしらった露天風呂で寛げば、まるで大海原に漕ぎ出すような気分に。

こちらからは、海が見えます。
ひいなの湯,加太,淡島,露天風呂,

海を眺めながら美肌の湯でゆったりできるなんて至福の時間♡
ひいなの湯,加太,淡島,露店風呂からの景色,

海風に包まれながら開放感を味わえるの最高です。

ひいなの湯,加太,淡島,露店風呂からの景色,
穏やかな紀淡海峡と沖の「友ヶ島」が織り成す海景色を眺めながらの湯浴みは、まさに極上の癒しともいえるかも。

特に夕暮れ時、海が夕陽色に染まる景色は絶景です。

ひいなの湯,加太,淡島,露店舟風呂,

「夕陽の宿100選」にも選ばれています。

美しい夕刻。耳にかすかに届く波の音、頬をなでる海風、悠々と空を飛ぶ鳥たち、紀淡海峡を行き交う大小の船、ここには、癒しが転がっています。

洗面所も清潔です。

ひいなの湯,加太,淡島,洗面所,アメニティ,

こちらでは、手足を伸ばしてゆったりとくつろげる、広くゆったりとした貸切風呂は寝風呂があります。

お風呂上りは、休憩室で休憩できます。
ひいなの湯,加太,淡島,休憩室,

ここも景色がいい。
ひいなの湯,加太,淡島,休憩室,

お風呂上りには女将特製の黒蜜がかかった冷たいところてんのサービスも。
ひいなの湯,加太,淡島,ところてんのサービス,

こんなおいしいところてん、初めて♡
ひいなの湯,加太,淡島,ところてんのサービス,

女将さんの真心を感じます。

お水も飲めます。
ひいなの湯,加太,淡島,ウォーターサーバー,

紙コップに布をかけているところも、さりげなくおもてなしを感じます。

ここからベランダに出ると、マリン風になっています。
ひいなの湯,加太,淡島,マリン風のベランダ,

リゾート地らしいこういう椅子も置かれていて可愛いです。
ひいなの湯,加太,淡島,リゾート地らしいゆりかごイス,

 

生け簀 和食ダイニング「旬魚旬菜 あくら」でランチ

旅館内にあるレストランで、ランチを食べます。

いくつかメニューはありますが、すでに売り切れているものも。
あくら御膳メニューひいなの湯,加太,淡島,

1番人気の「あくら御膳」をいただきます。
あくら御膳,ひいなの湯,加太,淡島,

 

▽お店はこちら
旬魚旬菜和食ダイニングあくら,ひいなの湯,加太,淡島,

生け簀があります。
旬魚旬菜あくら,生け簀,ひいなの湯,加太,淡島,

生け簀には、活魚がいっぱい♡

旬魚旬菜あくら,生け簀で魚が泳いでいる様子,ひいなの湯,加太,淡島,

この生け簀で泳ぐ新鮮な旬の魚をいただくこともできます。

オープンキッチンで調理していて、出来立ての料理を楽しめます。

旬魚旬菜あくら,店内の様子,ひいなの湯,加太,淡島,

旬魚旬菜あくら,テーブル席,ひいなの湯,加太,淡島,

テーブルとテーブルの間が暖簾で仕切られています。
旬魚旬菜あくら,テーブルとテーブルの間が暖簾で仕切られてい,ひいなの湯,加太,淡島,

薄い暖簾で仕切られてるので、圧迫感もなくゆる~い感じが、くつろぎモードにしてくれますね。

落ち着いた個室や、宴会用スペースもあるようなので、人数に合わせて、使い分けることもできますね。

加太の港街を眺むロケーションの中、ゆっくりと加太(かだ)・淡島(あわしま)のグルメを堪能しましょう。
旬魚旬菜あくら,店内から外の様子,ひいなの湯,加太,淡島,

はい、こちらが「あくら御膳」です。
あくら御膳,ひいなの湯,加太,淡島,

お椀のフタをとってみました♡

あくら御膳,お椀のフタを開けた状態,ひいなの湯,加太,淡島,

 

わぁ~♡やっぱり御膳って見てるだけでしあわせ~♡

これに、さざえとはまぐり(浜焼)が1つずつつきます。
あくら御膳,お皿にさざえとはまぐりが2つずつ並べられている,ひいなの湯,加太,淡島,

さざえがムチムチっと歯ごたえがあって美味しい♡
あくら御膳,さざえを殻から身を取り出している様子,ひいなの湯,加太,淡島,

▽天麩羅です。
あくら御膳,天麩羅ら,ひいなの湯,加太,淡島,
サクサクっとしていて美味しい。油が回りすぎた感じが全然なく、素材の味がしっかりします。

▽お刺身です。
あくら御膳,お刺身の三種盛り合わせ,ひいなの湯,加太,淡島,

加太(かだ)は、小さな漁業の町です。

ここではメバル・アジ・カレイ・オコゼ・タコ、豊富な種類が水揚げされますが、とりわけ「真鯛」は明石、鳴門とならぶ全国でも屈指の好漁場でもあります。

友ヶ島近辺の紀淡海峡は潮の流れが速く、身の引き締まったとても美味しい鯛が釣れるのが特徴なんですって。

また、海水が美しいから、魚は良質のエサを食べていて、すべて一本釣り漁法で釣り上げるので傷がなく、関西圏の高級料亭などで「トップブランド」として珍重され続けています。

 

▽漁師汁です。
あくら御膳,漁師汁,ひいなの湯,加太,淡島,
漁師汁って名前だけで、美味しそうに感じてしまいますが、実際にいただくと本当に美味しい。

▽小鉢はお魚の煮つけでした。
あくら御膳,小鉢,魚の煮つけ,ひいなの湯,加太,淡島,

▽ご飯とお漬物もついています。デザートには、オレンジがついています。
あくら御膳,ご飯とお漬物,ひいなの湯,加太,淡島,

▽茶碗蒸しです。
あくら御膳,茶碗蒸し,ひいなの湯,加太,淡島,

この茶碗蒸しがまた、美味しいのなんのって。

なんか普通のお店の茶碗蒸しと全然違います。

▽この方は、こちらのひいなの湯の料理長、赤間博斗(あかまひろと)さんという方ですが、
旬魚旬菜あくら,赤間博斗(あかまひろと)氏,ひいなの湯,加太,淡島,

▽実はこの方、JAL国内線 ファーストクラスの機内食の夕食を監修された方です。
旬魚旬菜あくら,JAL国内線 ファーストクラスの機内食を作っている,ひいなの湯,加太,淡島,

お店の外には、赤間博斗さんのいろいろなものが展示されています。
旬魚旬菜あくら,店内の壁に飾られている赤間博斗(あかまひろと)さんのコーナー,ひいなの湯,加太,淡島,

目にも舌にも美味しいお料理は一種の芸術作品です。

あくら御膳,ひいなの湯,加太,淡島,

料理長自らが厳選したその日水揚げされたばかりの海の幸をオープンキッチンで調理していただき、出来立ての料理ををお召し上がり頂けます。

ここにランチをしにくるだけで加太に来る価値があります。

加太に行かれるときは、こちらのお料理、ぜひ召し上がってみて下さいね。

あぁ~美味しかった♡

 

お土産コーナー

 

ひいなの湯の館内には、お土産コーナーもあります。
ひいなの湯,加太,淡島,お土産コーナー,

和歌山は、醤油発祥の地。いろいろな醤油が置かれています。

ひいなの湯,加太,淡島,お土産コーナー,魯山醤油,

はちみつ仕立て「極」という梅干し
ひいなの湯,加太,淡島,お土産コーナー,勝僖梅,はちみつ仕立て「極」,

ひいなの湯,加太,淡島,お土産コーナー,勝僖梅,梅おもい,

そして、アイスクリームがいっぱい。

ひいなの湯,加太,淡島,お土産コーナー,冷蔵庫にいろいろな種類のアイスが販売用に並べられている様子,

 

グリーンソフトを食べてみた

これはなんだ!
ひいなの湯,お土産コーナー,グリーンソフト,玉林園,

冷蔵庫には、ご当地アイスが入っています
ひいなの湯,和歌山のご当地アイスとしてグリーンソフトが案内されている張り紙,

鳥がいっぱいだ!
ひいなの湯,グリーンソフトが冷蔵庫にたくさん入っている様子,玉林園,

アヒルかひよこかわからないけど、よちよち系の鳥のマークが入っています。

これは、食べてみたい!

1個300円。
ひいなの湯,グリーンソフトの外装,玉林園,

袋を開けると、紙で包まれているぞ!りんごか!
ひいなの湯,グリーンソフト内装,玉林園,

紙袋をとると、さらに驚く。

なんだ、これは!?
ひいなの湯,グリーンソフトのコーンにコーンのフタがついている,玉林園,

フタがコーンになってる!

コーンのフタをとると、抹茶アイスがでてきました。
ひいなの湯,グリーンソフト,玉林園,

普通の抹茶アイスなどに比べると薄い黄緑色。

食べてみると、さっぱりした甘さで全然くどくない。

国産茶葉を100%使用した抹茶入りのご当地ソフトクリームです。

石臼で丁寧にひいた抹茶を本来の色なんだとか。

めざましテレビのココ調コーナーでも放送され、グルメ1 位を獲得したそうです。

秘密のケンミンSHOW でも放送されて注文殺到しているんだとか!

これが、和歌山ケンミンの味か~。うらやましい限りだぜ~♡

あっさりしているので、風呂上りや、食事の後にもどうぞ。

ひいなの湯,グリーンソフト,玉林園,

 

感想

ひいなの湯、お風呂とランチには、御膳をいただきましたが、どれもよかったです。

館内が清潔で、ところどころにおもてなしの心を感じます。
湯上りに食べたところてんの味と、あくら御膳の茶碗蒸しの味には感動しました。
和歌山のご当地ソフト、グリーンソフトも美味しかったです。

海を眺めながらの湯浴み、旬を味わい、加太の町をぶらりと散策。釣りに行くのもよし。

ゆったりあたま空っぽ、なーんにもしない贅沢もありますね。決して贅を尽くした高級旅館だけが贅沢じゃない、そう思わせてくれた旅館でした。

日帰りプランなどもあり、泊らなくても楽しめるというのが、魅力的でした。

友ヶ島などの観光をされる方など、ゆっくりとしたペースで過ごしたい方にぴったりの宿ですね。

-おでかけ
-,

Copyright© OSAKNSAI.com , 2021 All Rights Reserved.